魅せる
​INBOUND MENU

インバンドメニュー開発のポイントは

外国人に響かない要素をマイナスした後

プラスの要素をどう足し込めるか

​ゼロイチでは、これまで培った中国人の趣味趣向。日本料理の売り方、魅せ方のノウハウを生かし、インバウンド向けメニュー開発、営業支援のお手伝いを始めました。
国や地方が違えば、琴線に触れる食材が異なります。
日本人の感覚で見出した付加価値を押し付けたメニューでは、例えそれが本場の本物の料理だとしても、外国人のお客さまに十分な満足を提供することは出来ません。
​日本が誇る「おもてなし=顧客目線でのサービス」の実現に、私たちは力を注いで参ります。

(​特徴のある商品)ー(外国人の琴線に触れない要素)

​+

(外国人の琴線に触れる要素)

【 方  式 】
日本人にとって、考え抜いた人気メニューでも、そのポイントが外国人に響かなかった時、知らず知らずの間に、商品の魅力が大きくスペックダウンしているケースが多々見受けられます。
​インバウンド対応メニューを開発する際は、プラス要素を足し込み、スペックを上げてやる調整が必要となります。
日本人の琴線に触れる食材で中国人に響かない食材(一例)
豆腐製品(湯葉、おぼろ豆腐等)、香味野菜(三つ葉、紫蘇、柚子、ミョウガ等)、ジャコ
京野菜(九条ネギ、賀茂茄子等)、地魚​(近海魚) 等